薬學研究科

薬科學専攻(博士後期課程?3年制)

ジェネラリストかつスペシャリストを養成するカリキュラム。

Pharma-Nutrition(薬學分野と食品?栄養分野の融合分野)の視點で醫學、薬學、栄養學の領域を広く俯瞰し人々の健康増進に寄與できるきわめて高度な専門職業人の育成を目指します

生命科學の全體像を學んだ薬科學分野のジェネラリストとして、またスペシャリストとして、豊かな學識と高い専門性を養うことができるよう、カリキュラムに配慮がなされています。高度先端薬科學特論、レギュラトリーサイエンス特論およびドライリサーチ特論を共通の必修科目としたうえで、「高度薬科學分野」「高度醫療栄養學分野」の2分野を基本として構成されています。履修科目の選択により、①安全性を考慮した醫薬品?香粧品分野の開発?研究?製造?情報提供、②安全性を考慮した機能性食品の開発?研究?製造?情報提供、③食品と食品の組み合わせ、醫薬品との組み合わせを生理學的?薬動力學的?毒性學的評価についての研究?情報提供などができる、高度な専門職業人を育成します。前期課程薬科學攻?醫療栄養學専攻の講義?実験科目の履修に基づき、基礎的研究を重視する履修科目を多くすることによって、各分野に特化した「研究職?大學教員」を目指したり、レギュラトリーサイエンス特論およびドライリサーチ特論の履修によって、社會問題を浮き彫りにして応用研究へつなげる高い問題解決能力を養うなど、さまざまなコース設定が実現できます。そのため、基礎分野から応用分野まで対応できる教員を配置しています。
 

2つの研究分野

高度薬科學分野

薬粧品動態制御學、皮膚生理學を基盤として、醫薬品と香粧品機能の解明にかかわる領域を研究?教育の対象とし、生活者の視點に立った、安全性を保障できる醫薬品?香粧品の研究?開発、製造などを行う能力の養成を目指しています。また、生物有機化學、生物薬品科學を基盤として、醫薬品?食品の安全性を確保した開発?研究の方法論を學び、將來あるべき開発?研究の方向性についてを研究?教育の対象として、醫薬品?食品の開発?研究などに攜わることができる能力の養成を目指しています。
天然物化學講座生理活性を有する天然有機化合物の探索および生薬?漢方薬の品質評価に関する研究
生物有機化學講座天然有機化合物をシードとした誘導體合成および生物活性における構造活性相関に関する研究
生物薬品科學講座上部消化管を中心とした生理活性物質に関する研究とピロリ菌除菌に関する研究
薬粧品動態制御學講座醫薬品や化粧品有効成分の皮內動態解析および人工知能を用いた経皮?経口醫薬品の製剤設計最適化に関する研究
皮膚生理學講座皮膚のセラミド量制御、メラニン生成調節および皮膚內酵素等に関する基礎的研究
栄養生理學講座脂質の栄養生理學的役割の解明と生活習慣病や加齢に伴う疾患の予防?治療効果の組織學的解析
機能性食品科學講座機能性食品成分の継続的摂取の有効性評価および機能性食品素材の効率的産生方法の確立

高度醫療栄養學分野

分子栄養學、食品機能學、食毒性學、生體防御學、臨床栄養學、病態解析學、予防栄養學、栄養教育學、薬物療法學を基盤として、食品、薬、栄養、保健、醫療などをテーマに、ウエットやドライの研究手法を用いて醫療栄養學に関わる高度な教育と研究を進めています。疾病予防や治療補助に有効な機能性食品の設計?開発?製造ができる能力、疾病の発癥や栄養機能応答生の違いなどの情報を発信できる能力の養成を目指しています。
臨床栄養學講座高齢者に対する栄養管理?指導および介入方法の評価研究
病態解析學講座人體および地域社會の構造?機能破綻に関する予防醫學的な評価研究
分子栄養學講座炎癥性疾患を予防?改善する食品成分の探索と骨量と骨関連遺伝子の関係解明
食品機能學講座運動器の疾患予防のための食品機能學的研究ならびに地域の食に関する課題解決のための食品學的研究
食毒性學講座治療補助効果のある食事設計構築や、機能性食品開発とその醫薬品との相互作用における食毒性的評価研究
生體防御學講座食毒性による身體ストレス度評価の確立と食毒性を回避するための食品と醫薬品の評価研究
予防栄養學講座地域や社會集団の健康の保持?増進と生活習慣病やメタボリック癥候群などの疾患の予防?改善研究
栄養教育學講座日本およびアジア地域におけるハラル食品の流通と利用実態の解明
薬物療法學講座食品やメディカルハーブの機能性と醫薬品との相互作用、薬効と栄養狀態の関係についての研究

人材養成の目標

薬科學専攻は、下記いずれかの素養を身につけた高度な専門職業人の育成を目指します。
  1. 安全性を考慮した醫薬品?香粧品の開発?研究?製造?情報提供ができる
  2. 安全性を考慮した機能食品の開発?研究?製造?情報提供ができる
  3. 食品、食品の組み合わせ、食品と醫薬品の組み合わせを生理學的、薬動力學的、毒性學的に評価する研究?情報提供ができる

修了後に予想される進路

多くの企業、研究機関から有望な人材として期待されています。
  • 大學等の教員?研究者
  • 製薬會社における醫薬品?病態食の開発?研究に攜わる研究者?技術者
  • 香粧品會社における化學品の安全性に攜わる研究者?技術者
  • 食品會社における機能性食品?病態食の開発?研究?製造に攜わる研究者?技術者
  • 保健?醫療行政等でレギュラトリーサイエンスに攜わる専門家
TOPへ
検索
精品人妻无码专区在线视频,AV第一福利在线导航,大香人伊一本线